香港の金融機関に訪問

2018/07/03 13:59:06 | 資産形成 | コメント:0件

みなさん、こんにちは。
関東甲信地方観測史上初、6月に梅雨が明けて、毎日暑い日が続いていますね☀

6月末ごろに香港の金融機関に訪問させていただきました。
訪問したのは、
・サンライフ ファイナンシャル
・ハリス・フレーザー
という会社です。

サンライフ社は、カナダの大手保険会社で、格付けは日本生命よりも上です。
S&P (スタンダードアンドプアーズ)AA- (非常に強い)
サンライフ社 格付け詳細

サンライフ社は1865年に設立され、カナダのトロントに本社を置き、世界23カ国にオフィスを構えています。個人及び法人顧客に合わせて設計された保険商品や資産を保護するための商品やサービス、オフショアの金融ソリューションを提供しています。
世界中にオフィスがあるのですが、日本にはありません w( ̄o ̄)w
じつは、日本の人たちには、ほぼ知られていない非常に有利な保険などがあります。

DSC_2448.jpg


ハリス・フレーザーは資金運用のアドバイスをしてくれる会社です。ハリス・フレーザーのような事業を行っているところをIFA(Independent Financial Advisor)といいます。
IFAは日本語に訳すと、独立系金融アドバイザーと呼ばれていて、詳細はネットで調べて頂ければたくさん出てきます。

資金運用のアドバイスをしてくれる会社は、香港の中でも200社以上ありますが、ハリス・フレーザーは歴史が長く実績もある会社です。
ハリス・フレーザーは、保険商品や積み立て型商品など金融商品を多数案内しています。

IFAの営業許可(ライセンス)について
香港のIFAを選ぶ方法として大事なポイントは営業許可証(ライセンス)の有無です。お客様にサービスを提供するのに、少なくても2種類のライセンスが存在します。この2種類のライセンスをもたないIFAは、顧客に満足のいく運用やサポートを提供することはできないと言われています。

香港には二つの保険代理協会があります。PIBAとCIBです。
PIBA(香港専業保険経紀協会) (www.piba.org.hk)
CIB(香港保険顧問連合会)(www.hkcib.org)

PIBAのライセンスは10万HKDの資本と、最高責任者の業界経験と免許所持者が条件で、比較的取得が容易なため、ほとんどのIFAがこのライセンスを取得しています。
このライセンスさえ保有していない無資格業者は注意が必要です。

SFC(香港証券先物委員会)(www.sfc.hk)が発行するライセンスには9種類あり、IFA業務には、タイプ1、タイプ4、タイプ9の「3ライセンス」を所有していることが優良IFAの一つの条件と言えます。
ハリス・フレーザーは、この3つのライセンスを取得しています。この調べ方は、また別機会にでも掲載させていただきます。

DSC_2482.jpg

担当者の方よりレクチャーを受けて商品の知識がより深まりました。
日本にいるだけだと生の情報を聞ける機会はなかなかないので、こうして現地へ赴き直接話を聞ける機会をいただけたのは本当にありがたいことです。
感謝!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する